おのづか
あやな
小野塚 彩那 
新潟県南魚沼郡(現南魚沼市)出身。

2歳からスキーを始める。アルペンスキー、スキー技術選ともにトップ選手として活躍している中、スキーのハーフパイプが2014年ソチオリンピックで正式種目となるタイミングで競技転向を決意。転向後はアメリカをベースにワールドカップ(以下、W杯)を転戦。
2年目にはW杯年間総合ランキング3位、世界選手権3位、W杯最高位2位をマーク。この種目で日本人女性初となるエクストリーム系スポーツの最高峰X-GAMESのインビテーションを獲得。着々と実績を積み、トップ選手の仲間入りを果たした。
2014年、初めて出場したソチオリンピックでは銅メダルを獲得。2014-15、2015-16の2シーズン続けてW杯の年間総合優勝を達成。2017年の世界選手権では、金メダルを獲得し頂点を極めた。

2018年の平昌オリンピックでは5位入賞。

スキー指導歴も豊富。